コンサート

25年ぶりに夫婦水入らずで稲垣潤一のコンサートに行きました。
舞台の真ん中に稲垣潤一と言えば「ドラム」……
そのドラムが光輝いて置いてありとても幻想的でした。
ドラムとのセッションから現れた彼は25年前と少しも変わらない澄み渡る歌声で……
「ドラマティック・レイン」や「クリスマスキャロルの頃に」など80年、90年代の曲ばかりを披露してくれました。
周りも自分と同年代や夫婦連れなど満席の状態で、アンコールまでの全20曲。
この間、時が戻り若かりし頃の自分に戻れたような一夜になりました。

関連記事

  1. マダニ発生

  2. お互い様

  3. 失敗しようと行動する人は居ません。

  4. 季節外れのお客様

  5. 自作ろ過装置

  6. 謹賀新年