学校と神社の融合

先日、お伺いした小学校。

鹿児島県姶良市にあるんです。日置市から県道40号経由で行きましたが、途中で姶良市街地とは逆方向へ案内する私のナビ。

道中、「果たして民家は?」「子どもたちは通学大変だな」と感じながらの運転となりました。

県道40号から左折して30分した頃、杉林を抜けると急に視界が開けて明るい場所へと辿り着きました。

目的地まではそこから数分の場所にあり、難なく見付けることが出来ました。

少し、待ち時間があったので、校舎周辺を散策することにしました。

駐車場の直ぐ横に神社があるのですが、その社を守るように佇む杉の巨木に圧倒されました。

私は身長178㎝程ですがあと一人大人がいないと木の周囲に手を回しても届かないほどの巨木です。

厳密には境界はあるのでしょうが、小学校の敷地の中に神社があるような。神社と一体?と思わせるような佇まいでビックリしました。

 

関連記事

  1. 失敗しようと行動する人は居ません。

  2. 久々の雪

  3. 秋まっ盛り

  4. 桜島中継タンク清掃

  5. ベントー

  6. スタッフ目線で業務内容をご紹介します